から

うけなの日記です

「退社して翌日出社するまでに富士登山して戻ってこられるか」調べ

0405.gif
富士山から出勤。またしても自己満足全開企画です。

ちなみに東京→富士山→東京、仕事は10時始まり19時終わりです。

 

 

決行日

7月12日木曜日

 

■19時15分

会社を定時で上がり新宿バスターミナルへ到着。

 

服装について

0406.gif

「テーマは会社帰り」

 

前回のスニーカーからランニングシューズにパワーアップっす!

(さすがに長袖とカッパは持参)

 

新宿バスターミナル

DSC06170.jpg

バスは数日前にオーが予約済み。

さすがに翌日も平日なためバスは予約必要ないと思っていたのですが、19時50分バスに乗り込む。

 

満席

 

&超アウェー

 

外人だらけ。完璧に囲まれる我々。日本語よりも飛び交う英語、中国語、韓国語。。。

 

 

 

富士登山開始

■22時00分

富士山5合目到着。

 

DSC06174.jpg

この時の気持ちを一言で述べるならば「寒い」である。

 

あと風が強い。準備を整え

 

■22時30分 出発

 

 

天気は台風が迫っている中、奇跡的に晴れ!星がキラキラ。

 

 

■23時00分

 

DSC06179.jpg
30分で6合目到着。

 

会話量:多

 

ここまでは平坦な道が続くため余裕。しょーもない会話が弾む。

複数人での登山ってやはり楽しい。(いつも一人旅が多いので)

 

 

日付変わって

 

■0時00分

 

DSC06182.jpg
7合目到着

 

会話量:少

 

そろそろみんな余裕がなくなってくる。寒いとはいえ体を動かすと汗がにじむ。

日付が変わり、アイが誕生日を迎える。

 

0407.gif
しっかり運んでもらいました。

 

ここで誕生日を迎えたかったらしい。

 

 

目が慣れてくるとふもとの景色がはっきりと見えとても綺麗。

 

DSC06195.jpg

 

 

しかし、本当に外国の方多いなーという印象。

 

このあたりから雪がちらほら見えはじめる!でも遠ー。

 

 

氷砂糖がものすごい威力を発揮する。

DSC06190.jpg
ちょっとバカにしてたのですが、本当に元気が出る(気がする)。

 

ラソンのときチョコレートがとても役立ったのを思い出した。

 

 

 

■2時35分

8合目到着

 

会話量:微

 

それぞれ自分の中へ閉じこもり、無言で進む。

 

台風が近づいているためかものすごく強い風。

時折足元をとられそうになる。

なだらかなジグザグ道とゴツゴツした急な岩場の繰り返し。

 

無理してもしょうがないので、こまめに休憩をとる。

 

今回もパンッパンになったカロリーメイトにお世話になる。

DSC06200.jpg

 

 

ここまでは歩くと体がほてって時折汗がにじんだけれど、

全く温まらなくなった。気温が低いだけではなく、風が執拗に体温を奪うためである。

 

徹夜も手伝って意識がもうろうとしはじめる。

 

3人とも9合目がどこだったかすら覚えてない弱りっぷり。

 

そしてついに

 

■4時00分

 

富士山登頂!

DSC06206.jpg

 

3人で一緒にゴール!

 

0408.gif
ものすごく盛り上がって抱擁!ヤター!

 

なんて余裕どこにもなくて

 

0409.gif
これが現実。

 

3人でよりそうように座り、寒さに耐えながら体力が戻るのを待った。

山頂はあまりに寒い、そして疲労で体温が戻ってこない。

 

 

 

山頂にて

 

DSC06215.jpg

徐々にあたりが明るくなる

 

 

 

DSC06216.jpg

 

この時季富士山の夜明けは4時30分頃。

 

DSC06219.jpg

 

遠くの空が徐々に赤白く変化していくのは幻想的だった。

 

霧が晴れるたびにテンションが上がる我々。

 

 

ようやく少し体力が戻ってくる。

 

 

よーし、今からダッシュで降りればもしかしたら10時出社大丈夫かも!

 

なぁオー

 

0410.gif

 

ってオイ!

 

何か言ってやってくれ、アイ!

 

0412.gif

 

0411.gif

 

ちょ、みんな目的は!?

 

ってことで

 

0413.gif

山頂だもの。

 

3人とも早速山頂で舞い上がり自分を見失う。

 

ファイト俺ら!

 

せっかく登ってきたのに楽しまないとね!

 

 

DSC06231.jpg

ってことで夜が明けた

 

DSC06228.jpg
山小屋もオープン

 

 

山頂で飲んだコーンポタージュ最高!

 

 

DSC06226.jpg

山頂で食べたラーメン、うどん最高!

 

DSC06236.jpg

山頂で改めて誕生会。プレゼントしたTシャツを着てもらった。

夜なべして作ったかいがあったというもの。

 

やっぱいいねー。

 

 

するといきなりオーが

0414.gif

おおお!やるねー

 

ってそれ持ってこなければもう少し楽に登れたんじゃないだろうか・・・。

結局あまりに寒いので乾杯のフリだけして、このイベント終了。

オーものすごくシューンなってた。

 

 

火口を見に行く。

 

DSC06241.jpg

さえぎる物がなにもないため猛烈な風。

 

 

DSC06239.jpg

山頂の反対側には雪がたくさん残っていたが、

太陽の関係で結局こちらには残っていなくて触ることはできなかった。

 

ちなみにこの写真は去年反対側から撮ったもの。

DSC02481.jpg
現在矢印のあたりに立っている。

 

 

日本でもっとも遅めな雪だるま是非作ってみたかったのに・・・。

 

まぁ仕方がないものは仕方がないので

 

 

■5時15分 下山開始

 

今回は登頂がゴールではない。

ある意味スタート。出社開始。

 

DSC06256.jpg

体力と同時に精神も試される地獄の無限ループ下山道。

 

 

DSC02499.jpg
こちらは去年の写真。

 

しかし景色は最高。

 

DSC06266.jpg

 

DSC06270.jpg

本当に今回は天気に恵まれた。

 

徹夜明けである上に体力を使い果たしつつあるため、変なテンションの中、黙々と下山。

 

 

しばらく行くと突然アイが叫んだ

 

 

 

 

 

DSC06251.jpg

雪発見!

 

DSC06252.jpg

うおおおおおお

 

DSC06258.jpg

諦めていたときにこういうのってものすごく嬉しい!

 

ってことで悲願の7月につくった雪だるま!

 

DSC06243.jpg
(ちっさ)

 

 

ひととおり雪で遊んだ後、

 

 

■5時45分

下山再開

 

DSC06267.jpg

どんどん駆け下り(スピードは超のろま)

 

「眠い、眠い」を連呼しながら

 

■8時05分

 

5合目に帰ってくる。

DSC06279.jpg

 

 

この時点で

 

10時に出社

 

絶望

 

残り2時間弱ではさすがに無理。

 

 

富士山からの基本的なルートは

 

5合目

河口湖口もしくは御殿場口から電車

東京

 

タクシー、新幹線を利用したとしても2時間以上はかかる。

そんなわけで上司にお願いし、半休をいただきました。

結局タクシーで河口湖駅へ、そこから高速バスで帰りました。

富士急行バスは乗車時間1時間45分で値段も1700円とリーズナブルなのでお勧め。

 

 

■12時00分

 

東京着

 

バス内では全く意識なし。すでにビッキビキ全身筋肉痛。

 

猛烈な臭いのため、シャワーだけ浴び出社。

 

 

DSC06277.jpg

 

 

■まとめ

19時50分 新宿発

↓(2時間40分)

22時30分 登山開始

↓(5時間30分)

4時00分 登頂

5時15分 出発

↓(2時間50分)

8時05分 下山

12時00分 新宿着

 

 

結論

「退社して翌日出社するまでに富士登山して戻ってこられるか」は

 

無理!

 

である。

 

というか

少なくとも今の我々の体力では無理!

朝日を拝もうとすると無理!

ラーメンとかうどん食べたり、のんびり土産とか探してたら無理!

 

 

結局目的は達成できなかったけど、

アイやオーとの登山はめちゃめちゃ楽しかったし、

全体としては本当にやってよかったと思う。

 

 

ところでこの話には少しだけ続きがあります。

 

 

夕方ふらふらになりながらも仕事をこなしていると先輩がやってきて

 

0415.gif

 

実は翌日も富士登山なのです!

 

ってことでもう一回行ってきます!

 

 

結局仕事をなんとか乗り切り、夜は予定してあった飲み会に参加。

 

■23時45分 就寝

 

0416.gif

 

 

以上で

「退社して翌日出社するまでに富士登山して戻ってこられるか」調べ

終わり。

 

正直ものすごくホッとしました。

ありがとうございました。