から

うけなの日記です

また富士山

0438.gif
8月中旬の週末に会社の仲間10人程で富士山へ行ってきました。今期2度目。誘われたらノーと言えない・・・。

以下Wikipediaより引用

富士登山の経験者たちの間では、「富士山に 登らない馬鹿 二度登る馬鹿」という言葉が流布している。

オレか!?オレも入るのか?

DSC06566.jpg

金曜仕事終了後出発。

天気予報は「雷」。期待を裏切らない豪雨。

0437.gif あまりの雨量で車が浮いたよ。

DSC06572.jpg

5合目に到着。今回も川口湖口。あきらめたら そこで試合終了ですよ。奇跡のド晴天。

こぼれ落ちるように夜空を滑ってく流れ星たち。

DSC06609.jpg

何故か毎回メロンパン。

6合目から一度5合目に戻なければいけないアクシデント発生するもなんとか8合目へ。

DSC06663.jpg

山頂でのご来光は時間的に厳しいのでここで待つことに。

0437.gif 明け方は本当に凍え死にそうだよ。

DSC06686.jpg

地平線がどんどんオレンジに。


DSC06697.jpg

ご来光。

DSC06700.jpg

ご来光を眺める人たち。

DSC06702.jpg

疲労と高山病で仲間が倒れてしまった。話し合った結果、山小屋で休憩してもらい、われわれは山頂へ。

DSC06711.jpg

ぐいぐい上る太陽。

DSC06712.jpg

見下ろす。

DSC06713.jpg

作戦会議。仲間の一人が昼までに東京へ戻らなければならないため、先に行ってもらうことに。

DSC06716.jpg

ぐいぐい上がる気温。

0437.gif 風が強く、穴という穴に砂埃。マスク、帽子、サングラスが効果絶大。

DSC06721.jpg

シーズン真っ只中なため恒例の渋滞。山頂はすぐそこ!

DSC06723.jpg

ついに登頂。何度味わってもいいものです。

DSC06727.jpg

1200円のカレー。

DSC06734.jpg

800円のラーメン。

0437.gif 冗談抜きにうまい!ある一人は3000円以上使っていたよ!

じっくり休憩した後、火口を見に行くことに。

DSC06765.jpg

とてつもなく大きな火口。ところどころまだ雪が残ってます。

DSC06772.jpg

3000円食べた人。この方がいるだけで周りが和らぎます。

DSC06780.jpg

0437.gif 山頂部分を一周することを「お鉢巡り」と言うよ。

3キロで2時間弱。お鉢巡り - あっぱれ!富士登山

DSC06785.jpg

下山は二手に分かれることに。

DSC06788.jpg

われわれは3776メートルの剣が峰を目指します。

DSC06820.jpg

反対側から火口を眺める。剣が峰はもう少し。

DSC06807.jpg

ついに去年に続き二度目の3776メートル到着。やったー!

(山頂で着替えました)

剣が峰近辺。

DSC06822.jpg

下山開始。御殿場口ルート。

DSC06827.jpg

心地よい。

DSC06829.jpg

てくてく。

DSC06832.jpg

ほとんと植物は生えていませんが。ところどころはあります。

DSC06836.jpg

御殿場口ルートを選んだ理由はコレです。「大砂走り」ふかふかの砂利道を飛ぶように真っ直ぐ降りることが可能。

ネットには「一歩3メートルも可能!」なんてかかれているところも。

DSC06842.jpg

うわさは本当でした。ほんっとさくっさく!足が勝手に前にでます。

DSC06844.jpg

止まらない。


こんな感じ。

DSC06847.jpg

こんなかんじの地面。


0437.gif 顔を傾けて見てね!

DSC06851.jpg

とはいえ1時間半もこれが続くと楽しいけど滅入ってきます。

後半は足がもげそうになりました。

DSC06855.jpg

なんとか下山。去年もお世話になりました大石茶屋。

DSC06862.jpg

バス→御殿場駅→東京。

0437.gif 疲労と睡眠不足でほとんど記憶なし。

DSC06769.jpg
今回も非常に思い出深い登山となりました。いろいろと迷惑をかけたにもかかわらず、温かく接してくれたみんなに感謝です!

登り 5時間50分(川口湖口)

下り 3時間30分(御殿場口)

------------------

海抜0mからの富士登山

退社して翌日出社するまでに富士登山して戻ってこられるか