から

うけなの日記です

屋久島へ行ってきました 縄文杉

P1030478.jpg

あまりに重かったので記事を二つに分けました。

こちらは縄文杉の往復レポートです。

白谷雲水峡を後にし、2日目の午後弟が合流。

これで家族が揃った。

IMG_0712.png

翌日の予報は雨。

午前、午後とも90% 

自称晴れ男の弟はこれを見ても

「大丈夫、雨は降らない!」と強気。

------------------------------------------------------

3日目 縄文杉

------------------------------------------------------

3時半起床

P1030373IMG_0709.jpg

宿にお願いし、朝食と昼食を用意してもらう。

4時すぎ出発

ヤクスギランド近くの荒川登山口へ。

登山口には駐車場がないため、まわりの邪魔にならないところへ駐車する。

3連休のためさすがの混みっぷり。

登山口にて家族の会話

全員無駄口たたける余裕有りの状態。

ってことで

5時20分 登山開始!

P1030381.jpg

入り口トイレ前。

往復20km、8~10時間コースでトイレは3箇所(だったと思う)しかない。

P1030383.jpg

他のパーティーと一緒に歩く。

P1030389.jpg

当然真っ暗。

近くにいる大学サークルの団体が楽しい会話を繰り広げてて心細くない

しかし、あまりに暗く、100円ライト一つだと足元が危険なため、朝食を食べながら待つことに。

ロッコ道を淡々と歩く。

うっすら明けてきた。

P1030394.jpg

8kmほど続くトロッコ道。

P1030395.jpg

思い思いに休憩。

P1030400.jpg

基本的に一歩道なので迷わない。

P1030401.jpg

ところどころに大きな杉と説明看板。

P1030401IMG_0715.jpg

90%なのに雨が降ってない。

それどころかうっすら雲の切れ間らしきものが。

P1030402.jpg

完全に夜が明けました。

P1030404.jpg

P1030405.jpg

いつのまにか板がしかれ

とても歩きやすい。

ドコドコ音がする。

P1030406.jpg

ドコドコ~

P1030407.jpg

先頭から弟、母、父と続きます。

P1030409.jpg

落ち葉が綺麗。

P1030413.jpg

白谷雲水峡と同じく苔がすごい。

じゅうたんみたい。

P1030405IMG_0717.jpg

晴れ男の奇跡!

90%予報だったのに青空!

P1030416.jpg

ちなみに屋久島に5日滞在して、こんなにしっかりとした青空は最初で最後。

ありがたや~

P1030417.jpg

大きさの感覚がおかしくなる。

P1030546.jpg

こんな小さな杉も何千年も生き延びればああなるのか・・・。

P1030424.jpg

重度の花粉症なので春くると

体の水分が全て出てしまいそう。

P1030422.jpg

気温について、それほど鹿児島と離れてないので

南国というかんじはそれほどなく、11月下旬は普通に寒いです。

P1030421.jpg

8時20分

出発から3時間でトロッコ道終点。

P1030426.jpg

トイレ。

ここしかないので絶対に行くべし。

P1030429.jpg

休憩所近くにあった。飲める。

小休止後出発

P1030422IMG_0718.jpg

ここからは本格的な登山に。

↓もしよろしければBGMにどうぞ。

P1030426IMG_0719.jpg

あいかわらず規格外。

P1030431.jpg

ザッザ。

P1030431IMG_0726.jpg

切り株。

昔の人はどうやって運び出したのだろう。

黙々と登るノウテンキーズ。

P1030434.jpg

見上げる

P1030436.jpg

P1030440.jpg

家みたい。

絶対何か住んでる。

P1030441.jpg

ふとともクラッシャー(階段)

出発から3時間半でウィルソン株到着

ウィルソン株 - Wikipedia

P1030449.jpg

豊臣秀吉の命令により大坂城築城の為に切られたといわれる。

P1030444.jpg

とても大きくて何人も中に入れる。

P1030447.jpg

さっそく中へ

P1030452.jpg

株の中には湧き水が流れている。

P1030453.jpg

中から見上げる。

P1030455.jpg

場所によってはハート型にも見える。

各地の土産売り場で

この景色を使ったものを見かけました。

P1030456.jpg

内部から見たウィルソン株の壁。

ここまでくれば縄文杉まであと2km弱

しかし登りがきつい。

つらいのに強がる自分。

P1030460.jpg

もう少し

P1030461.jpg

無言の時間が増える。

P1030461IMG_0727.jpg

全身で目一杯呼吸する。

みんな頑張ろう。

P1030471.jpg

縦横無尽

出発から4時間40分。

前から絶え間なく迫りくる

階段たちと仲良くする簡単な作業です。

が、きつい。

P1030494.jpg

最後の階段

階段を登る。縄文杉は目の前。

そして

P1030461IMG_0728.jpg

縄文杉到着

P1030461IMG_0729.jpg

幹の周りが16メートル

といわれても想像つかない・・・。

P1030461IMG_0730.jpg

30メートルの高さがあるのでこの距離から全景が写せない。

午前10時20分

出発から約5時間で到着

P1030478.jpg

圧倒的な存在感

P1030479.jpg

見上げる

P1030482.jpg

現在縄文杉は保護の観点から近づくことができず、

数メートル手前の展望デッキから観賞します。

P1030485.jpg

縄文杉 - Wikipedia

P1030488.jpg

昼食

縄文杉近辺では休憩できないため、数十メートル先の休憩場所にて。

休憩後、出発。

いよいよ帰ります。

ここまでも本番だけど、ここからも本番。

P1030497.jpg

雨が降ってきた。

P1030499.jpg

しめる苔

屋久鹿。

全く人を警戒しない。サルも同様。

P1030501.jpg

登ってくる方と挨拶を交わしながらすれ違う。

P1030509.jpg

P1030510.jpg

まったくゴミが落ちていない。

P1030517.jpg

ザッザ。

P1030519.jpg

一気にトロッコ道まで下りてきた。

P1030519IMG_0734.jpg

トイレに行き、ここからはひたすら8km歩く。

P1030525.jpg

ドコドコ~

P1030531.jpg

来年はどこに行こうなどといった会話。

ロッコ道を歩くとこんなかんじ。

P1030527.jpg

幻想的な景色は相変わらず。

見渡す。

P1030537.jpg

何度か橋を渡る

P1030550.jpg

手すりがない橋。

怖い。

P1030539.jpg

徐々に雨脚が強まる。

P1030554.jpg

朝は真っ暗でなにも分からなかった。

P1030558.jpg

ぼろぼろになったトロッコ

たくさんいろいろなものを運んだんだろうな。

P1030560.jpg

トンネル。

P1030563.jpg

ここを通ったのが9時間前・・・。

あと少し。

P1030564.jpg

駐車している車が見えた!

いよいよゴール間近。

P1030565.jpg

最後の橋を渡り

P1030558IMG_0738.jpg

ゴール!

入り口は工事中だったのか。

真っ暗で分からなかった。

P1030572.jpg

スタートからちょうど9時間でした。

お疲れ様でした。

最後に

縄文杉を見上げた瞬間父が

「シャッター押してもらおうや。これは、家族で(写真を)撮っとかないかんわい。」

なんかちょっとグッときてしまった。

どんな旅行も味があって大好きなのですが、

家族旅行もいいもんですな~。

屋久島は自然いっぱいで本当に素敵でした。

感謝!

屋久島へ行ってきました 白谷雲水峡

----------------------------------------------

参考にしたサイト

屋久島 縄文杉ともののけ姫の森

縄文杉登山についてとても詳しいです。

使用したカメラ

iPhone3GS

LUMIX DMC-FX37